カートをみる ポイント会員(ログイン) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

茶壷の茶渋の取り方

 

4月の中国出張で買った茶壷に関する本(写真)で新たな発見をしました。

4月は移転で実店舗を休業していましたが、その関係で1~2ヶ月使わなかった茶壷がありまして、5月中旬に来られたお客様に同じ茶葉を2種類の茶壷で試飲していただいた時、2ヶ月使わなかった茶壷のほうが香りが良くなかったのです。

そこで、購入直後の茶壷と同じように鍋で何個か茶壷弱火で煮込み一晩置いたあと、写真の本のように茶葉を手にとって、茶渋がある所をこすったら、フキンより綺麗に落ちるのです。

すっかり茶渋が無くなって綺麗になりました。嬉しい!!!

実は大紅袍の仕入先の人に茶葉で茶壷を磨く事を教わっていたのですが、新しい茶壷の場合は何の変化もないので、やっていませんでした。でも、この本のように写真があったので、試したのでした。

最近、茶壷に艶がでてくるようになったのですが、お茶をかけて乾いた後でフキンで磨くと艶がでやすくなることが解りました。茶葉で擦れば一石二鳥。

茶壷の仕入先の先生は金賞受賞を重ね偉くなって、店舗面積が2倍になり、紫砂研究所の副所長にもなっていました。安物はもう作らないと言っていました。

ページトップへ