カートをみる ポイント会員(ログイン) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

茶壷(紫砂壺)の取扱い

1.ご使用になる前に

購入したばかり紫砂壺(中国読みはズサフ)は原料(紫泥)の特性から土臭さがあります。ご使用になる前に土臭さを取り除きましょう。折角の美味しいお茶が台無しになってしまいます。

方法1.紫砂壺の中を水で洗った後、鍋に水、紫砂壺、多め茶葉を入れ(紫砂壺の中にも入れ蓋をする)、2時間程度弱火で煮て、火を止めて冷めたら出来上がり。

方法2.紫砂壺の中を水で洗った後、茶盤などの上で紫砂壺に熱いお湯をかける。(中に注いだ後、蓋をしてから全体にも)少し冷まったら、お湯を捨て、茶葉を入れ(普通にお茶を入れる量の茶葉)、お湯を注ぎ丸一日そのままにします。このお湯かけとお茶入れ作業を3日ぐらい繰り返します。

方法1.2共に目安ですので、紫砂壺によって多少異なりますので、最後は紫砂壺の中の匂いを嗅いで、泥臭くないか確認し利用可能か判断して下さい。足りないようであれば、作業を繰り返して下さい。

紫砂壺を敲くと音が高ものは肌理が細かいため、比較的短時間で終わります。逆に音が低いものは肌理が粗く、比較的時間がかかります。敲くと音が高い紫砂壺は焙煎が弱い清香タイプに向き、音が低いのは焙煎が強い濃香タイプに向くと言われています。理由は肌理が粗いとより濃厚な香りが楽しめるからです。

注意どの方法も、グラつくような熱いお湯だと、紫砂壺の表面にヒビが入ることがありますので、ご注意下さい。茶葉は烏龍茶がおすすめ。

2.ご使用中の考慮

紫砂壺には非常に小さな気泡が沢山あります。同じお茶を繰り返し淹れることで、そのお茶の香りが紫砂壺全体に馴染んでお茶の味は勿論良くなり、また、紫砂壺も光沢が出てきます。

お茶を限定例えば、安渓烏龍茶と台湾高山茶では風味が異なりますので、使い分けた方がお勧めです。(あくまでもお勧めです)、でも、絶対にしてはいけないことは、プーアール茶と烏龍茶を同じ紫砂壺を使う。これだけは止めてください。(プーアール茶は洗った後でも、かなり匂いが残るので)

養壺紫砂壺のお手入れのこと。余ったお茶は紫砂壺にかけてください。その後、必要なら専用の筆で全体を塗るようにします。茶巾等で擦ってあげてもいいです。早めに光沢が出てくるようになります。お茶を入れっぱなしにしておくことも香りつけとして有効です。但し、一日たったら取り替えましょう。水が腐りますので。洗った後でも、かなり匂いが残るので)

紫砂壺が大好きな方へ毎日、熱いお茶を紫砂壺全体かけた(または塗る)後、乾いたタオルで鍛錬に紫砂壺を磨いてください。(蓋は外して、別々に磨く)数ヶ月で光沢で美しく変身します。可能なら2−3続けてみてください。見違えますよ。

掃除茶渋等で綺麗にしたい場合は、熱いお湯をかけた後、その部分を茶巾等で擦って綺麗にして下さい。

注意普通の急須みたいに洗剤を使って洗わないこと。洗剤の匂いが付いてしまいますよ。万一、洗剤で洗った(洗われた)場合は、購入時と同じ作業をすればOKです。

使用後冷水で洗ったあと、蓋を取り裏返しにして乾かします。蓋をしてそのままだとかび臭くなることがありますから。

ご案内