カートをみる ポイント会員(ログイン) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

茶具セットの取扱い

1.茶具セットとは

中国茶を淹れる際に使う道具のことで、茶道具のことを中国語で「茶具」と言います。茶具セットは中国では何故か一般名称として「茶道」と名がついています。茶具セットは殆どに収納台が付いており、茶漏がない緑茶用が稀にありますが、全茶葉に使える5点セットが一般的で、茶托が付いたものもあります。

5点セットの名称

茶則 くの字形の道具
茶漏 穴が開いた円形の道具
茶匙 細長い耳かきのような道具
茶通 先が尖っている道具
茶鋏 ピンセットのような道具


2.各部品の用途

茶則 茶葉を取り出すために使います。茶缶あるいは茶袋から取り出し、茶荷に茶葉を載せる。茶荷が無い場合は、直接、茶壷、蓋碗、グラスに入れます。

茶漏 茶壷の上に載せて、茶葉がこぼれなくさせるために使います。東方美人、武夷岩茶、鳳凰単叢のように丸まっていない茶葉は逆に使うと入れ難くなります。安渓烏龍茶や台湾高山茶に便利です。

茶匙 茶荷に載せた茶葉を茶壷、蓋碗、グラスへ入れる時に使います。一度に入れると粗暴に見えますので、通常は3回に分けて、茶葉をいれます。そのほうが品がよく見えるからです。

茶通 茶壷を洗った後、注ぎ口の奥に細かな茶葉が詰まったまま残ることがあります。これを取り除く際に使うのが一般的な使用方法です。特殊な使い方として、蓋碗をお湯で温める際、蓋を反対にして注ぎ、これを返すときにも使いますが、この場合は先の尖っていない方で使います。

茶鋏 小さな茶杯を使うときに使用します。茶杯には手を触れないようにします。特に直接口に触れる部分へは絶対に手で触れてはいけません。そのため、茶鋏を使って、お湯で温めたり、お茶を淹れた後にお客様へお出しする際、必ず茶鋏を使って行います。

ご案内